1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. ママの仕事
  6. >
  7. 「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話

「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話

「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話のタイトル画像

結婚して出産して子育てをして…。子どもが幼稚園に入園するタイミングで少し自分の時間ができるようになり、「また外で働きたいな」と思ったこと、ありませんか?

「子どもが学校や幼稚園に行っている間に働きたい!」と思い立った

「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像1
「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像2

私は今、在宅ライターとして働いていますが、外に出てお仕事がしたいと思うようになりました(もちろん、家事育児や在宅ワークに響かない程度に)。

頑張って取得した「看護師の資格」を活かしたいし、経験を積んで、また専門職者として成長したい。

そして、私が働くことで貯蓄が増えるなど金銭的な余裕も出来るのなら、家族にとってもそれが良いだろうと思いました。

さっそく職場探しを始めてみましたが…

「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像3
「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像4
「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像5
「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像6
「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像7
「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像8

有資格者とは言っても…。既婚・子持ちだと、独身の時よりも圧倒的に再就職は難しいです。

それでも、実家やパートナーの協力が得られれば道は開けるのかもしれませんが、我が家の場合はというと…

「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像9
「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像10
「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像11

主人の「無理して働かなくてもいいよ」という言葉は、「自分は家事育児協力できないから、エマが体壊さないか心配だよ」という意味の、優しさから出た言葉です。

家事育児に加えて在宅ワークもしているので、確かに傍から見れば、わざわざ外に働きに出る必要はないのかもしれません。

それなら、どうして私は外に働きに出たいのか?

第一子を出産してからというもの…

「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話の画像12

毎日一日中子どもと自分だけで、世間から切り離されているような気がしていました。

今より忙しくなるのだとしても、自分が必要とされる外の世界との繋がりが欲しくなったのだと思います。

現状、復職は難しいけれど…。いつか!

「贅沢な悩みだ」という意見もあるかもしれません。

でも私は、「働く」ということの意味は「収入を得る」ことだけではなく、「自己実現欲を満たす」という大事な側面もあると思っています。

「妻」「母親」である前に、私は一人の人間。

夫や子どものためだけでなく、「自分のため」の人生だから、あれもこれもやりたいことをして、欲張りに生きていきたいなと思います。
(もちろん体を壊さない程度に…!)

もし復職のチャンスが次来るとしたら…「下の子が小学生になって落ち着いたら」かな!?

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
仲 恵麻の画像
仲 恵麻

1983年生まれ。長崎・五島列島出身。
ご縁あって愛知出身の主人と結婚。
実家遠いけど一姫二太郎育児頑張ってます。
出産を機に看護師を辞め、現在に至る。
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. ママの仕事
  6. >
  7. 「もう一度、外の世界で働きたい!」子どもの幼稚園を機に“復職”を考えた話