1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「母性神話」「三歳児神話」はどこからきたの?

「母性神話」「三歳児神話」はどこからきたの?

「母性神話」「三歳児神話」はどこからきたの?のタイトル画像

『親になるまでの時間』(「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」115号・116号。ジャパンマニシスト社) より、厳選した4編をご紹介。
第3弾のテーマは「三歳児神話」「母性神話」です。

「~~神話」は、そう名づけられただけで、信用ならないものという意味あいがこめられていますが、一方で、そういいたくなるほど、世間では根強い思いこみがあるということでもあって、しかも、そこになんの根拠もないというわけではない。

そこがややこしいところです。

「母性神話」「三歳児神話」はどこからきたの?の画像1

たとえば「母性神話」ですが、ここで「母性」ということばを、こどものありのままを受け入れて慈しむという意味でとれば、それを「神話」というわけにはいきません。

じっさい、人間の赤ちゃんはまったく無力で、自分でできることはほんとにかぎられていますから、哺乳〔ほにゅう〕にせよ排泄にせよ、睡眠にせよ移動にせよ、ほとんどのことを周囲にゆだねざるをえないわけで、周囲にそれを当然のこととしてひきうける心性がなければなりません。

それを母性というのは、あくまで比喩〔ひゆ〕の話であって、文字どおりに母親のみが担うということではなく、だれであれ、その種の母性の持ち主であればいいのです。

「母性神話」「三歳児神話」はどこからきたの?の画像2

ただ、ここでさっそくただし書きを加えておかなければなりませんが、「こどものありのままを受け入れる」といっても、なんでもこどものいいなりになるということではなくて、生身の人間ですから、無理なことは無理で、たとえ相手が赤ちゃんでもすべてを受け入れてよいわけではありません。

そこのところは「適当に」ということが肝要。

そうでなければ文字どおりに「神話」になってしまいます。

「母性神話」「三歳児神話」はどこからきたの?の画像3

「三歳児神話」というのも、「三つ子の魂、百まで」といわれるだけの根拠はあって、そのころには生まれ持った性分がはっきり見えるようになって、それがその後もそうそうかんたんには変わりません。

だけど、まちがっていけないのは、この性分は周囲が自由につくれるようなものではなくて、草花の育ちと同じように、人為を超えてできあがってくるものだということです。

まわりの人間にできるのは、育ちに必要なだけの光と肥料をほどこして、あとは楽しみながら待つことくらい。

過剰な期待をもって、無理なことをやってしまえば、かえって育ちがいびつになってしまいます。

人間も自然のひとつ。

それを人為で左右できるかのように思うことこそが、じつは「神話」の起源かもしれません。


(「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」115号『親になるまでの時間・前編』より)


※この記事に使用した画像は"写真AC"のものを使用しております。


「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」115号『親になるまでの時間・前編』

「ちいさい・おおきい・よわい・つよい」116号『親になるまでの時間・後編』

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
『親になるまでの時間 前・後編』(浜田寿美男)の画像
『親になるまでの時間 前・後編』(浜田寿美男)

浜田寿美男 はまだ・すみお
1947年香川県小豆島生まれ。発達心理学・法心理学者。
『ちいさい・おおきい・よわい・つよい』編集協力人。
発達心理学の批判的...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「母性神話」「三歳児神話」はどこからきたの?