1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの発熱・出張・周囲の反対…働くママのホンネ座談会(1)

子どもの発熱・出張・周囲の反対…働くママのホンネ座談会(1)

子どもの発熱・出張・周囲の反対…働くママのホンネ座談会(1)のタイトル画像

世のママたちの本音知りたい、という思いから始まった本連載「本当のママの気持ち」。連載第1回目は、お子さんを持ちながら、会社に勤めたり、起業家・フリーランスとして活躍されていたりするワーキングマザーの皆さんに、日ごろ感じることを赤裸々に語っていただきました。(聞き手は自らもワーキングマザーとして働く編集部村岡)

参加者プロフィール

参加者(前列左から、内田さん、星山さん/後列左から、小泉さん、高幣さん、北本さん、村岡)



◆村岡(聞き手):Conobie編集部の頼れるディレクター。3歳の息子、1歳の娘。

北本さん:起業家ママ。子育て支援のウェブサイト運営や教育関係のイベントを行う。中学1年生の娘、小学2年生の息子、4歳の娘。

内田さん:大手人材会社で転職支援の法人営業に携わる。2歳の息子。

高幣さん:大手ゲーム製作会社で、新規事業を担当。個人としてもファッションブログを運営。小学1年生、2年生の年子の息子。シングルマザー。

星山さん:2年前に、アパレル業界から留学斡旋の会社に転職。小学3年生の息子。現在妊娠中。

小泉さん:自宅でパン教室を開く自営ママ。6歳の息子、3歳の娘。

働きながら子育てをすることを決意するも、 実家の両親には反対されて・・・

◆今回は、子育てをしながら働くワーキングマザーのみなさんにお集まりいただきましたが、まずは、皆さんが仕事を続けることを選択した理由をお聞かせください。

内田:私は家事がとても苦手なので(笑)、仕事をしているほうが自分には合っているのかなと思い、産後も仕事を続けることを決めました。とはいえ、最初は実家の母には反対されてしまいましたが。



小泉:私の母も同じです。働きながら子どもを育てられるのかと心配して、働くことに大反対。けれども主人が結婚当初から「ずっと働いていてほしい」と、私が働くことを応援してくれていたので、迷いなく仕事を続けられました。

◆分かります。私も実家の母は女性が働くということに理解がなかったので、最初は「働きたい」と言うのが、とても苦しかったですね。

小泉:でも、子どもにはこれからの時代は働きながら子育てをするという選択肢もあるんだよ、ということを伝えていきたい、と割り切っています。



北本:私は現在起業して会社を経営しているのですが、今でも働き続けていることに迷いはあります。「ただいま」と帰ってくる時に家にいてあげられなかったり、「遊んでくるね」と友だちの家に遊びに行く時に、本当は家に呼んであげたいと思ったり。でも主人も子どもも応援してくれているし、頑張れるうちは頑張ろうかなという気持ちです。

仕事と子育ての両立スタイル―社内異動、転職、そしてフリーランスという道―

◆子育てと仕事の両立って本当に難しいと感じる日々ですよね。みなさん両立のためにどのような工夫されていますか?

高幣:私はもともとデザインの仕事をしていたのですが、デザインの仕事はかけた時間が成果につながりやすいので、子育て中は不向きと感じるようになって。そこで、産後に自ら希望し新規事業部に異動しました。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

岡本 実希 [Conobie編集部]

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・情報をお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家はどうする...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 子どもの発熱・出張・周囲の反対…働くママのホンネ座談会(1)