1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 寝かしつけのために!赤ちゃんの生活リズムを整えるコツ

寝かしつけのために!赤ちゃんの生活リズムを整えるコツ

寝かしつけのために!赤ちゃんの生活リズムを整えるコツのタイトル画像

ママにとって頭を悩ませるものの1つが寝かしつけ。夜にすんなり寝てくれるのが理想ですが中々そうはいきません。万人に効く方法というのはありませんが、色々試すヒントにしてみてはいかがでしょうか。

出典:https://instagram.com/p/2GGLhhFo83/

どのご家庭でも苦労する寝かしつけ。寝かしつけをうまくするためには、赤ちゃんの生活リズムを整えることが大切です。では、赤ちゃんの生活リズムを整えるためには、何に気をつければいいのでしょうか?ちょっとしたコツをお伝えます。

お腹にいる時から生活リズムを意識する

赤ちゃんが産まれる前のマタニティ時期から、生活リズム作りは始まっています。

産休に入ったり仕事を辞めたりすると、朝早く起きる必要がないためついダラダラしがち。夜更かしもしてしまいます。しかし、お腹にいる時から生活リズムを作ることが実は大事です。特に予定がなくても、早寝早起きを心がけましょう。

決まった時間に寝る環境を作る

産まれた赤ちゃんは、昼夜の区別なく寝たり起きたりを繰り返します。その間隔があいてきても、夜に授乳などで目を覚ますことがほとんど。



しかし、一定の時期を過ぎたら、おおよその決まった時間には寝る環境を作ることを心がけましょう。寝室に連れて行き、できれば部屋を暗くするのが望ましいです。寝室がない場合でも、ベビーベッドなどの「起きている時とは違う場所」に移動することが寝る儀式へとつながります。

暗い部屋に行っても、最初のうちはなかなか寝てくれません。



私は生後5ヶ月の頃から20~21時には寝室に移るようにしていました。しかし寝かしつけに1~2時間かかるようなこともしばしば。ハイハイするようになってからは、寝室でニコニコしながら動き回るといった状況。主人に「無理に寝かそうとしなくていいんじゃない?」とまで言われました。

しかし寝ないからとズルズル起こしておくのは嫌だったので、ずっと続けました。



1歳後半には、布団に行ってから寝る時間が短くなり、2歳を過ぎたら基本的に30分以内に寝てくれました。3歳の今では、5分ほどで寝てしまいます。寝る時間も19時半~20時と早めの時間で、朝まで起きません。入園などすればおのずとリズムもつくのかもしれませんが、早い時期からリズムを作っておくと赤ちゃんにもママにも負担が減るのでおすすめですよ。

寝かしつけのヒント

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

betty

2012年生まれの男の子と、パピヨンの二人の子をもつ(?w)母です。子育てをするまで分からなかった色々なことを、これからママになる方・子どもが小さい方にお伝えし...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 寝かしつけのために!赤ちゃんの生活リズムを整えるコツ