1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「『理解ある親』をもつ子はたまらない。」/ 今日の、ひとことvol.23

「『理解ある親』をもつ子はたまらない。」/ 今日の、ひとことvol.23

「『理解ある親』をもつ子はたまらない。」/ 今日の、ひとことvol.23のタイトル画像

子どもにとって、どんな親がいい親なんだろう…ということに気付く、ひとこと。


心理学者 河合隼雄さんの言葉です。

「理解のある親」と聞くと、理想的な親のように感じますよね。

子どものどんなことでも受け入れ、理解しようと心がけている方も多いのではないでしょうか?

でも、成長する時には、子ども自身でもおさえ切れないような力がわいてくるものだと河合先生は言います。

子どもはそれを何でもいいからぶつけてみて、その衝撃の中で自らの存在を確かめてみるのだと。

それを、親がかんたんに「理解しているふり」をしてしまうと、子どもはぶつかるべき壁をなくしてしまいます。

たしかに、理解することはとても大切なことですが、それはかんたんにできることではありません。

大変なことをかんたんにできる「ふり」をしてしまってはいないか、壁になることをこわがっているだけではないか、時にはそんな風に自分自身に確認してみる。

そんなきっかけをあたえてくれる深い言葉です。

「『理解ある親』をもつ子はたまらない。」/ 今日の、ひとことvol.23の画像2

河合隼雄『こころの処方箋』,新潮社,24p


毎朝更新しています! 明日もお楽しみに!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー「今日の、ひとこと」部の画像
コノビー「今日の、ひとこと」部

【コノビー 今日の、ひとこと】
ことばの魔術師・カリノワカとコノビー編集部がお送りする、毎日更新コンテンツ。

カリノワカ
ライター/エッセイスト...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「『理解ある親』をもつ子はたまらない。」/ 今日の、ひとことvol.23