1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うこと

「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うこと

「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うことのタイトル画像

明るく楽しく痛快に子どもの世界を語る保育者・柴田愛子さん。悩めるお母さんたちを「大丈夫よ!」とあたたかく包み込み、子育て世代から圧倒的な支持を得ています。これは、そんな愛子さんの根っこを育んだ「家族」の物語。

インタビュー[前編][後編]で、「家族は社会の原点」と教えてくれた柴田愛子さん。

編集部はどうしても、「愛子さんの原点」について、聞きたくなってしまいました。

そんなわけで、「家族」をテーマに追加インタビューを実施。愛子さんの土台を育んだ家族の情景を、ご本人の語りそのままにお届けします。



子どもの頃は、「自分」を停止していた


私は5人兄弟の5番目だったの。

だから、小さいときは観察力はあったけど、活発な子ではなかったわね。

庭に池と砂場があって、午後になると近所の子どもがみんな集まって来る家だったけど、近所に女の子の友だちがいなかったから、お人形遊びとかはあまりしなかったかな。

その代わりに、いつも3歳上の兄の後ろにくっついて遊んでいて、めんこしたり、探検したり。

庭の草を摘んで、ひとりでおままごともした。幼稚園や保育園は行かなかったの。

「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うことの画像1


それで初めて学校に行ったから、どうしていいかわからなくて、「しばたあいこ」って書いてあるところにただ座ってて。

消しゴムがころころ落ちちゃっただけで困って泣くような、そんな子だったのよ。


もうね、その頃は自分を「停止」してた。

小学校6年の間に自分から手を挙げたことって、2〜3回くらいしかなかったんじゃないかな。

中学に行ってもあまり変わらなくて、今も同窓会で私のこと知ってるのは3〜4人くらいよ。

私は観察してたから、みんなのことものすごく覚えてるけどね。


「愛子はピアノがあるから、大丈夫よ」

「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うことの画像2


でもね、そんな私を支えてくれたのは、親だと思う。

割と放っておかれたんだけど、母がひとつだけ言ってくれていたのは、「人間好きなことひとつあれば生きていけるから」ってこと。

それしか言わなかった。

そのとき4年生で、私はピアノが好きだったから「愛子はピアノがあるから大丈夫よ」って。

それは、職業にするってことじゃないのよね。

当時はそれがどういう意味か全然わからなかったんだけど、そのときに漠然と、「あ、大丈夫なんだ」って思ったのよね。

「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うことの画像3


それからよく覚えているのは、親が学校に呼び出されたときのこと。

私は忘れ物は多いし、遅刻もするし、先生に呼ばれたのよね。

でも帰ってきた母に「何だった?」って聞いたら「たいしたことじゃないから気にしなくていい」って言われたの。

すごく、守られてたと思う。

いろんな場面で、家族に守られていたと思うの。それがあったから、自分らしく生きてこられた。

「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うことの画像4


私、今までの人生で自分を否定したことないし、やりたいことは実現できる、好きなことがあれば生きていけるって思ってる。

だから、こうやって外で発言できるようにもなったのよね。

自分がまっすぐに生きて来られたのは、それは親も自分を譲らないで生きてきたからだと思う。


「確かさ」と「安心感」を土台に


それから私の家の中には、「しつけ」とか「常識」とかいう言葉は一切なかった

父なんて、自分のこと「ポチ」って言ってたのよ(笑)。

だから私も、お父さんが一番偉いとも思ってなくて。

30代でOLやってたときにね、私、お茶を淹れて、当たり前のようにのどが渇いている人から配ったの。

そうしたら部長が最後になっちゃって、「こういうのは“偉いもん順”に配るんですよ」って言われて。

そのとき初めて、「世の中には“偉いもん順”ってものがあるんだ!」って知って驚いたの(笑)。

「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うことの画像5


でも、私もそんなに人に迷惑かけていないと思うしね、そんなものは後で間に合うのよ。

親から子へ伝わるメッセージなんて、そんなに多くないのかもしれない。

私が親からもらったのは、「自分を守られた」っていう「確かさ」と「安心感」

しつけよりも何よりも、それさえ伝えられれば、あとは子育てに責任なんて持たなくていいと思う。

そこから先は、その人がその人らしく生きていく以外、しょうがないんだから。


「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うことの画像6
「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うことの画像7

柴田愛子
りんごの木代表。保育者。1948年東京生まれ。 
私立幼稚園に5年勤務したが、多様な教育方法に混乱して退職。一度はOLを体験してみたが、子どもの魅力が忘れられず、私立幼稚園に5年勤務。1982年、仲間3人で、トータルな子どもの仕事をめざし、横浜市都筑区に「りんごの木」を創設した。
35年以上に渡り、「子どもの心により添う」を基本姿勢とした保育を展開。子どもたちが生み出すさまざまなドラマを大人に伝えることで、子どもと大人の気持ちのいい関係づくりをしたいと願い、子育てや保育の本や絵本の執筆、講演など幅広く活動中。

「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うことの画像8


(執筆:池田美砂子 / 写真:中野亜沙美 / 企画編集:三輪ひかり)





前編・後編の記事はこちらから読めます。

「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うことの画像9

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

Conobie編集部連載では、「個性がのびる、子どもがのびる」をテーマに、スタッフが厳選したコラム・まとめ情報などをお伝えいたします。それぞれの家族が、「我が家...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 「学校に呼び出された母は、私に”気にするな”と言った」60年を経て今思うこと