「“ダメな子”とか“わるい子”なんて…」/ 今日の、ひとこと vol.11のタイトル画像
公開 2020年11月29日  

「“ダメな子”とか“わるい子”なんて…」/ 今日の、ひとこと vol.11

11,416 View

マンガの神様 手塚治虫さんは、こんな風に「子ども」という存在を見ていたんだ…


「マンガの神様」手塚治虫の言葉。

『ジャングル大帝』の中で、白いライオンの子レオを描いた手塚治虫は、「ふつう」とはことなった存在に魅力を感じると話しています。

そして、「ふつうでないこと」が「ダメ」なんてことは絶対にない、そんな風にいわれる子がいるとすれば、それはそう決めつける大人の方がわるいのだと。

親として、あたまでは子どもの個性が大切と思っていても、いわゆる「いい子」になってほしいと願う自分に気がつくことがあります。

でも、「いい子」「わるい子」というのは、大人の目からの判断でしかありません。

そうしたレッテルを貼ってしまう前に、その子自身を見つめてあげなくてはいけない。

この言葉が、そんな大切なことを教えてくれる気がします。

「“ダメな子”とか“わるい子”なんて…」/ 今日の、ひとこと vol.11の画像2

手塚治虫『ガラスの地球を救え 二十一世紀の君たちへ』光文社 59p


毎朝更新しています! 明日もお楽しみに!

※ この記事は2024年02月10日に再公開された記事です。

Share!