1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 「しんどい…」が「いつもありがとう」へ。わが家の夫婦関係が変わったワケ

「しんどい…」が「いつもありがとう」へ。わが家の夫婦関係が変わったワケ

「しんどい…」が「いつもありがとう」へ。わが家の夫婦関係が変わったワケのタイトル画像

最初からうまくいったわけではありません。少しずつ、考え方と行動を変えてみると…。「詳しく教えて!」と反響多数、ルドドさん夫婦のパートナーシップの秘訣。

小学5年女子、小学3年男子、年少女子、1歳女子の4人の子ママである「le dodo  ルドド 」さん

家族のことが大好きで、とても優しく熱いパパ。

でも、最初は育児のことで夫婦で衝突することもたくさんあったそうです。そこで、le dodo ルドド さんは自分から変わろうと決意!すると、少しずつ夫婦関係にも変化が…。

ご本人に許可をいただいたので、「#ルドドさんちのパパ育て」にスポットを当ててご紹介します。どうぞ、じっくりご覧ください。

前途多難な幕開け

「しんどい…」が「いつもありがとう」へ。わが家の夫婦関係が変わったワケの画像3

決意!私が変わろう!

「しんどい…」が「いつもありがとう」へ。わが家の夫婦関係が変わったワケの画像5

“口に出すこと”がいかに大切か

「しんどい…」が「いつもありがとう」へ。わが家の夫婦関係が変わったワケの画像7

こんな風に言い方を“方向転換”してみると

「しんどい…」が「いつもありがとう」へ。わが家の夫婦関係が変わったワケの画像9

相手を思ったちょっとの工夫で、料理も楽しく♡

「しんどい…」が「いつもありがとう」へ。わが家の夫婦関係が変わったワケの画像11

たまには「子ども扱い」してみるのもポイント

実は、le dodo ルドドさんに「#ルドドさんちのパパ育て」シリーズについて伺ったところ、パパの幼少期のことを教えてくださいました

「両親不仲の家庭で育ち、両親の離婚を経て、子どもの頃から父親役をしてきたうちのパパ。

親に甘えることができず、反抗期に親に当たることもできなかったことから、『自分は愛されなかった』と感じているようです。

理想の父親像もなく、精神的に不安定さを抱えたまま父親になったパパですが、家族のことは大好きで、とても優しくて熱い人です。」

そんなパパの心の中で苦しんでいる"幼いころのパパ"を救ってあげたいと思ったというle dodo ルドドさん。
"パパ育て"という言葉には、そんな思いも込められているんですね。

le dodo ルドドさんのインスタグラムは、この他にもパパとの馴れ初めシリーズも必見!

ぜひインスタグラムもご覧くださいね。



(制作:コノビーライター 宮林咲子)


当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
コノビー編集部の画像
コノビー編集部

コノビー編集部です。
インスタグラムやツイッタ―、ブログなどで子育てに関する発信をされている方をご紹介する記事を作っています!
...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. 子育て
  4. >
  5. 0歳児
  6. >
  7. 「しんどい…」が「いつもありがとう」へ。わが家の夫婦関係が変わったワケ