1. >
  2. >
  3. >
  4. 2歳児の子育て

2歳児の子育て

2歳児の子育てのタイトル画像

「魔の2歳児」とも呼ばれるこの時期ですが、成長も実感できる時期でもあります。この頃の発達の特徴や、子育ての中で大切にしたいことをまとめました。

出典:http://pixabay.com/

2歳~2ヶ月の発達とお世話

【発達】

○第一反抗期がきます

ママが「○○しなさい」「○○してはいけません」などと言ったり、生活場面で手助けをしようとすると、「イヤ!」と拒んだり、反発しはじめます。これは自発性や自立心が育ってきている証拠です。いわゆるイヤイヤ期というものです。



○運動能力の発達

走る、飛び降りる、手を使わずに階段を上り降りする、ボールを蹴る、ジャンプする、つま先で立つなど、足を使った運動能力が目立って発達します。



【お世話】

●欲求を認めてあげましょう

自分でしたいという欲求が満たされ、「できた!」という自信がつくと子どもの学習意欲はもっと高まります。このような経験を積むことで、チャレンジ精神旺盛な自立心のある子どもへと成長していきます。

2歳3ヶ月~5ヶ月の発達とお世話

【発達】

○一人遊びができるようになります

誰かがそばについていなくても、かなり長い間、一人でいろいろな遊びを楽しむことができるようになります。想像力も発達していき、自分の世界を作り出すことができるようになります。



○細かい作業もできるようになります

ドアの取っ手を回してあけたり、水道の蛇口をひねって水を出したり、止めたりなどもできるようになります。絵を描く時には、手首を使って丸い曲線が描けるようになってきます。



【お世話】

●言葉の発達を助けてあげましょう

言葉の爆発期と呼ばれるこの時期。子どもが話しかけてきたら、きちんと耳を傾けて返事をしてあげることが大切です。赤ちゃん言葉は使わずにわかりやすい言葉で積極的に会話をしていきましょう。

2歳6ヶ月~8ヶ月の発達とお世話

【発達】

○記憶力が発達してきます

昨日、今日、明日など「時」を表す言葉が分かるようになります。

公園に行くと、いつも出会う子どもを探したりし、犬に吠えられて泣いた場所へ来ると、キョロキョロして怖がったりします。



○社会性が発達してきます

友達と会話をしながら、一緒に遊ぶことができるようになります。「自分」を認識できるようになり、自分のことを「ぼく」「わたし」と一人称で呼ぶことができるようになって、「ぼくもする」などと言って友達と一緒に遊べるようになります。



【お世話】

●積極的に外に出かけましょう

雨の日も出かけてみましょう。晴れた日とは違う湿った外気を肌で感じたり、レインコートを着て傘をさす経験をさせましょう。新しい場所や新しい人、新しい経験は、子どもに新鮮さを与え、すべてが刺激となります。

2歳9ヶ月~11ヶ月の発達とお世話

【発達】

○「なぜ?」「どうして?」が多くなります

子どもにとっては、自分のまわりのことすべてが「不思議」ですし、「知りたい」対象です。

何でもかんでも聞いてきますが、面倒がらずに付き合って答えてあげましょう。



○夜のおむつが取れてくるでしょう

ほとんどの子どもはオシッコやウンチが出る前に、ママに教えることができるようになります。でも時には、昼間遊びに熱中していて教えそびれたり、夜はおねしょをしたりしますが、叱らず、成功した時にほめてあげることがとても大切です。



【お世話】

●生活習慣のしつけは急がずゆっくりと

生活習慣の基本的なしつけをする時期です。大半は自分一人でしたがりますし、できるようになってきますが、まだまだ失敗も多い時期です。できるだけ一人でさせ、ときどき手を貸しながらおおらかに見守る余裕をもつことが大切です。

子どもの成長について標準的な成長の様子をお伝えしました。子どもの成長には個人差が大きくありますので、あくまで目安としていただければと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まなみん

妊娠に関する記事を書いています。よろしくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 2歳児の子育て