1. >
  2. >
  3. >
  4. 1歳児の子育て

1歳児の子育て

1歳児の子育てのタイトル画像

1ヶ月ごとにどんどん成長する1歳児。この頃の発達の特徴や、子育ての中で大切にしたいことをまとめました。

出典:http://pixabay.com/

1歳~1歳2ヶ月の発達とお世話

【発達】

○意味のある言葉が出るように

「ママ」「ブーブー」など、その子にとって関心のある言葉を1つか2つ言えるようになってくる頃です。ぜひ赤ちゃんが発する声に返事や言葉がけをしてあげましょう。



○歩行が始まります

一人歩きを始める子も出てきます。手が器用に動かせるようになることも伴って、あちこち動き回るようになるでしょう。靴が履けるようになったら外歩きにも挑戦してみましょう。



○感情が豊かに

いたずらをして怒られると苦笑いのような表情をしたり、しかめっ面をしたり、時にはかんしゃくを起こしたり、褒められると喜んだり、など、喜怒哀楽の感情が表によく出るようになります。



【お世話】

●「危ない!」「だめ!」を教えましょう。

この時期の赤ちゃんは好奇心が旺盛で、行動範囲もだんだんと広くなるため、興味のあることに夢中になります。しかし、まだ赤ちゃんには「危ない」ということが認識できないため、事故や怪我を避けるためにママが危険を教えることが必要です。

1歳3ヶ月~5ヶ月の発達とお世話

【発達】

○階段も上がれるように

かなりのスピードで歩いたり、ちょっとした段差も乗り越えたりできるようになります。

転倒事故には気を付けて!



○歯の数が増えてきます

歯の生え始めの時期や生える順序にも個人差がありますが、だいたい1歳の誕生日ごろまでに前歯が上下4本ずつ生え、1歳4ヶ月ごろには手前の奥歯が上下2本ずつ生えてきます。



○離乳食から幼児食へ

味付けはまだ薄めものなら、大人と同じものを取り分けて与えられるようになります。またスプーンやフォークを使って、自分で食事をするのが楽しい時期になってきます。



【お世話】

●生活習慣を身につけましょう。

手洗いうがいや歯磨き、規則正しい食生活などを丁寧に教えていきましょう。

特に食生活では、遊び食べやムラ食いがないように、睡眠と運動の時間がきちんと取れているかということにも注意しながら教えていきましょう。

1歳6ヶ月~8ヶ月の発達とお世話

【発達】

○自立心の芽生え

自立心が芽生えてきて自分でやりたいことが増えてきます。

「自分でやる!!」と言った時にチャレンジさせてあげることもとても重要です。ヤル気を上手く引き出してあげましょう。



○手先がますます器用になり、手足の力も増してきます

絵本のページがめくれるようになったり、積み木やブロックを積み上げたり、キャンディの包み紙をむいたりなど細かい作業が上手にできるようになります。



【お世話】

●言葉のお手本を示してあげましょう。

言葉の数が増えてくるこの時期。赤ちゃんは、ママやパパの言葉をマネしようとしますので、「おはよう」「こんにちは」「いただきます」「ありがとう」「ごめんなさい」「おやすみなさい」などのいろいろなあいさつのお手本をさりげなく見せてあげましょう。

1歳9ヶ月~11ヶ月の発達とお世話

【発達】

○「これなに?」疑問・質問がたくさん出てくるように

知的好奇心が旺盛になる時期で、何を見ても「これなーに?」と言います。目につく物は何でも興味を持って知ろうとします。言葉を覚えたい、知りたいという知的欲求が順調に発達している証拠です。



○二語文が話せるようになります

「ワンワンきた」「マンマたべる」など簡単な二語文を話し始める子もでてきます。言葉の数も多くなり、はっきりしゃべるようになるので、上手におしゃべりできた時には子どもの言った言葉を繰り返して「そうね。マンマ食べようね。偉いね」と褒めてあげましょう。



○自分のものが分かるようになります

食器や靴、玩具など日常使う物についても「自分の物」と「他人の物」の区別がつくようになってきます。友だちに「自分の玩具」を貸すのを嫌がったり、おやつも「自分の分」に友だちが手を出すと怒ったりするようになるのも、このころからです。



【お世話】

●トイレ・トレーニングは慎重に行いましょう。

トイレ・トレーニングは、子どもの準備が整わないうちに始めると、子どもにとっても大きなストレスになりますし、ママの苛立ちや焦りも強くなります。子ども自身の排泄に関係する脳や神経の仕組みが発達することが大切な条件なので、オシッコやウンチが出た後や出そうな時に、態度や、「チー」や「ウンチ」などの言葉で伝えることができはじめたら、トライしてみましょう。上手にできたら大いに褒めて、失敗しても決して責めないのがポイントです!

子どもの成長について標準的な成長の様子をお伝えしました。子どもの成長には個人差が大きくありますので、あくまで目安としていただければと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まなみん

妊娠に関する記事を書いています。よろしくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 1歳児の子育て