1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 家族の再出発は、いまからでも間に合うだろうか。/連続小説 第22話

家族の再出発は、いまからでも間に合うだろうか。/連続小説 第22話

家族の再出発は、いまからでも間に合うだろうか。/連続小説 第22話のタイトル画像

お互いに「ちゃんと話そう」と思っていても、いざ対面すると感情的になってしまい、いつも通りの言い争いになってしまったキリコと満。満は奏太を連れて帰宅するが、時間の経過と共に落ち着きを取り戻す。

俺は眠っている奏太を抱えて、病院の駐輪場に向かった。

奏太はとても疲れているようで、チャイルドシートに座らせても、ヘルメットをかぶせても起きなかった。

薄暗い道を自転車のライトが照らし出し、俺は気持ちが収まらないまま自宅へと走らせる。

(「パパだって替えがきかない」? そんなこと知ってる。分かってる。「奏太のこと心配しない? 普通」だって? 俺が奏太のことを心配しないとでも思ってるのか? 「奏ちゃんを後回しにできるパパの気持ちなんて分かんない」? ちくしょう!ちくしょう…!)

いつもなら怒りの感情しかなかったかもしれない。でも、今回は違った。

素直になれない自分にも嫌気がさす。悔しさにも似た、不思議な感情だった。

マンションに到着するとまだ眠っている奏太を再び抱え、自宅へ向かう。

そして奏太を布団に寝かせると、俺は苛立ったままソファーに腰を下ろした。

テーブルの上には開いたままのノートパソコンがある。

家族の再出発は、いまからでも間に合うだろうか。/連続小説 第22話の画像1

一時保育をする奏太が不安にならないように、園内が明るくて、先生が優しくて、そんな託児所がないか昨夜ずっとネットで探していた。

「ともだちっこ」を見つけたあとも、本当に安心して預けられそうか、口コミサイトを見て回った。その上で今日、奏太を預けた。

トラブルがなければ17時に「お待たせ」って奏太を迎えに行くはずだった。

でもトラブルは起きた。それは仕方のないことだし、それをまとめるのが俺の仕事でもある。

仕事は大変なこともあるけど、それでも好きで働いてる。

でもそれだけじゃない。キリコと結婚して、奏太が産まれて、より一層仕事を頑張ることができている。

会社の状況も含めて、俺のそういう気持ちもキリコに話したかった。

話したかったのに、いざ向き合うと難しかった。

病室に着いて、開口一番「ごめん」も言えなかったし、興奮気味のキリを前にして、自分も冷静に話せなくなっていった。

気持ちが落ち着かなくて、お茶でも飲もうかと立ち上がろうとした時、スマホが鳴りだした。

社長からだった。

   「…お疲れ様です」

社長  「お疲れ。ケンゾーから聞いたよ。大変だったな」

   「あー…はい」

社長  「セノーチェの岡田さんからも電話が来て、良い撮影だったって喜んでたよ。満が子役をなだめてくれたおかげだって。また新しい仕事を頼みたいそうだ。満、よくやったな」

   「…ありがとうございます」

社長  「それでスケジュールを確認したいんだけど、今、大丈夫か?」

   「あ…ちょっと待ってください。今、スケジュール表を見ますね」

ノートパソコンを立ち上げようとした時…。

奏太  「…ママ?」

目を覚ました奏太が辺りを見回し、キリコを探し出した。

そしてどこにもママがいないと気づくと、大粒の涙を流し、大声で泣き始めた。

奏太  「ママー!!! ママー!!!」

   「奏太…。あ、すみません、折り返します」

社長へ一方的にそう告げると、俺は電話を切って奏太の元へかけ寄る。

   「奏太、うちに帰って来たんだよ」

奏太  「ママー!!! ママー!!!」

   「ほら、だっこ」

奏太を抱きしめようと手を伸ばすと、奏太が勢いよく俺の手を払う。

奏太  「やだ!! パパきらい!!」

   「………奏太」

奏太  「ママがいい!」

奏太は泣きながら立ち上がり、俺を避けるようにして玄関へ走り出す。

家族の再出発は、いまからでも間に合うだろうか。/連続小説 第22話の画像2

   「奏太…!?」

奏太は自分で靴を履くと、玄関のドアを開けてしまった。

奏太を抱きかかえて帰宅した時、俺は玄関の鍵をかけ忘れていたようだ。

   「…お、おい!」

慌てて玄関に向かうも、奏太は外廊下に飛び出してしまう。

サンダルを突っかけて家を飛び出すと、奏太はエレベーター前まで走っていた。

偶然にも扉が開いてしまったらと不安がよぎり、俺は血の気が引くのを感じる。

「開」のボタンが届かない奏太はエレベーターのドアをバンバンと叩きだした。

奏太  「あけて! あけて!」

   「何してるの、やめなさい、奏太!」

奏太の元へ走り寄り、奏太を捕まえようとすると、「パパやだ!」と言って、今度は部屋へ走って戻って行ってしまった。

はぁ、と息を吐き、俺も部屋に戻ると、奏太は洋服で溢れた洋室のドアを閉め、閉じこもっていた。

   「…奏太? 何してるの?」

奏太  「パパいや!」

   「………」

奏太に思い切り拒否され、俺は気が抜けて洋室のドアの前に座り込む。

   「…今日、託児所に預けたからパパの事、怒ってるの?」

奏太  「……」

   「迎えに行くって言ったのに、迎えに行かなかったから怒ってるの?」

奏太  「……」

   「…そうだ、東西線、持って帰って来たよ。渡すから出ておいでよ」

―――プルル、プルル

奏太が何も答えてくれなくて、静まり返った家の中で再びスマホが鳴り始めた。

俺は仕方なく立ち上がり、テーブルの上のスマホを手にする。

…また社長からだ。

スケジュールの確認を始めると、電話が長くなる。奏太は閉じこもっているから、しばらくは出て来なそうだ。

(…いや)

俺は鳴り続けているスマホを音からバイブに切り替え、ポケットに突っ込んだ。

すると…。

奏太  「…うっ、…うっ」

泣いている奏太の小さな声が聞こえてきた。

そっと洋室の扉を開けると、奏太は壁に寄りかかって泣いていた。

   「…奏太」

俺は奏太の前にそっとしゃがみ込み、ゆっくりと奏太に手を伸ばす。

俺を拒否しない奏太の肌が柔らかくて、温かくて涙がこみ上げる。

奏太  「…パパ、ぎゅーして」

   「…うん」

家族の再出発は、いまからでも間に合うだろうか。/連続小説 第22話の画像3

その小さな体を包み込むと、奏太の細い腕が俺を抱きしめ返した。

   「…ごめんな…ごめん」

(どんな理由があるにせよ、奏太に寂しい思いをさせたのは俺だ。俺が預け先を決めて、仕事の時間を延ばすことも決めたんだ。何かを「決める」というのはそういうことだ。キリはいつもそれを一人で背負ってたんだな。いつも単に不機嫌だったんじゃない。いっぱいいっぱいだったんだ)

奏太  「パパ、お迎えなかった…」

   「…パパね、お仕事してたんだ。今日ね、奏太と同じくらいの歳の子と話したんだよ。その子はね、長堀鶴見緑地線が好きなんだって」

奏太  「………」

電車の話をしたら奏太が少し笑ってくれるかな、と思ったけど、奏太の悲しい表情は消えることがない。

奏太にはいつも笑っていてほしい。奏太の笑顔が大好きだ。

(…キリだってきっとそうだ。ずっと奏太のことを一番に考えてきたんだ。奏太が産まれてもう三年も経ってるのに、こうなってやっとキリの苦労を分かるだなんて…。)

   「…遅すぎるかな」

――ブブーッ

ポケットの中でスマホがバイブし、それが何度も続く。鳴り方からして電話ではなくメッセージだ。

(社長がメッセ…?)

不思議に思いながらスマホを取り出し見ると、それはキリコからのメッセージだった。

▶次回、いよいよ最終回!! 7/14(金)更新予定です。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
連続小説『夫婦の言い分』の画像
連続小説『夫婦の言い分』

連続小説『夫婦の言い分』(作:さいとう美如)

北区赤羽。季節は4月。

キリコ(34)と夫の満(36)は、6年前、よく行くカフェで開かれた料理教室で一...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 家族の再出発は、いまからでも間に合うだろうか。/連続小説 第22話