1. >
  2. >
  3. >
  4. 夫の愚痴なんて、もうずっと聞いてない気がする/連続小説 第12話

夫の愚痴なんて、もうずっと聞いてない気がする/連続小説 第12話

夫の愚痴なんて、もうずっと聞いてない気がする/連続小説 第12話のタイトル画像

風呂場で足を滑らせ骨折したことで、入院生活を送るキリコ。お見舞いに来たママ友から、昨日の公園で起きた「小川事件」の内容を聞いて呆れる一方で、自分も満の話を聞くことが減り、相手の気持ちが良く分からなくなっていることに気づく。互いに一歩ずつ歩み寄ろうとし始めたように見えた二人だが、一時保育の預け先選びの件で、キリコと満の間にはまた距離ができてしまうのだった。

まだ温かな空気が残っている午後三時。

病室の狭い個人スペースにママ友三人と、子どもたち三人がお見舞いに来てくれた。

ママたちは並んだパイプ椅子に座り、子どもたちは側でパックンチョを食べている。

夫の愚痴なんて、もうずっと聞いてない気がする/連続小説 第12話の画像1

キリコ 「うわー、ごめんね、迷惑かけて。てかさ、子連れで出かけるのに着替えを持っていかないって、いかに普段、面倒を見てないかってことだよね。呆れるわ。しかもアンパンマンのトレーナーと黄色いパンツってさ、昨日の格好だし。風呂入れてないってことじゃん。呆れるわー、呆れるわー、呆れるわー」

ママたちから「公園の小川事件」を聞き、私は心底呆れている。

文乃  「いやいや、キリちゃんのパパはやってくれてる方だって」

   「うん、うん」

恵美  「そうだよー。うちのパパなんてなーんにもやらないくせに、文句ばっかり言うし。私の小言は聞きたくないとかいうのに、仕事の愚痴は毎日するし」

キリコ 「え、恵美ちゃんの旦那さん、仕事の愚痴とかいうんだ…?」

文乃  「マジか、うちはぜんっぜん言わないな」

   「うちも」

キリコ 「うちもだよ」

   「じゃあ、どこで発散してるんだろうね。キャバクラ?」

文乃  「外の女?」

   「あはは、うちはそんな度胸ない」

恵美  「うちのパパは大きな子供みたいなもんだから。ちゃんと聞いてあげないと拗ねちゃうのよ」

子供たち「おそと行きたい~!」

お菓子を食べ終えた子どもたちがベッドから飛び降り、病室内を走り回り始める。

文乃  「こらこら!」

   「ここって確か屋上庭園があったよね」

キリコ 「そうなんだ」

恵美  「じゃあ、うるさくするとあれだし、連れてっちゃおうか」

文乃  「そうだね。じゃあ、キリちゃんまた来るね」

キリコ 「ありがとう!」

みんなが病室を出て行き、一人になった私はまだ見慣れない天井を見る。

夫の愚痴なんて、もうずっと聞いてない気がする/連続小説 第12話の画像2

(恵美ちゃんの旦那さん、愚痴るんだなぁ。でもまぁ…考えてみたら、そうだよね。そりゃ、夫にだって愚痴はあるはずだよね。でもうちのパパは何にも言わないな。なんでだろう。昔はいろいろ話してくれてた気がする。恵美ちゃんと私の違いは…なんだろう。)

なんだかモヤモヤしながらも、夫の話をまったく聞いていなかった自分に気づいて、胸がチクッとしなくもない。

(その後、どうにかやれてるかな?)

ふとスマホを見ると、午前中に夫から着信があったようだ。

キリコ 「保育園のことかな…」

ここは四人部屋ではあるけれど、実際は私と向かいのベッドの二人しかいない。

私は、もう一人の同室の人が面会でオープンルームに出て行ったのを見て、夫に電話を折り返した。
(もう一人の同室人とは「電話はOKにしよう」と話してはあるのだが、一応、気を使っている)

キリコ 「もしもし、電話に気づかなかった」

   「………おう」

夫の声が予想以上に暗かったので、私はなんだか不安になる。

キリコ 「ん? …どうかした? 何かあった?」

   「………熱が出た」

キリコ 「え! 何度? 九度超え? 吐いてない? ほかの症状は?」

   「いや…熱以外は特に。あー、寒気はある。熱は37.5度」

キリコ 「…なーんだ、じゃあ、全然元気でしょ、奏ちゃん。奏ちゃんは八度台だって遊んでるんだから大丈夫(だよ)」

   「いや、奏太じゃなくて、俺ね」

キリコ 「………………は?」

夫の愚痴なんて、もうずっと聞いてない気がする/連続小説 第12話の画像3

心配して損した。

キリコ 「あのさ、大人の37.5度なんて微熱でしょ。いや、むしろ平熱の域だよ。我慢しろよって話だよ」

   「………………市役所、行ってきたよ」

キリコ 「あ、どうだった?」

   「認可は一時すら難しいって」

キリコ 「えー…」

   「認可外なら、とりあえず一時保育が可能みたいなんだ。一覧が載った紙を貰ったから写真撮って、メッセで送るからさ」

キリコ 「うーん、送られても。私も認可外保育園のことはよく知らないしなぁ」

   「でもとりあえず見てみてよ。選定はキリに任せるから」

キリコ 「…任せるって。あのさ、私いま入院してるんですけど?」

   「悪いけどいまちょっと頭が回らない。ああ、…奏太が騒いでるから、じゃあちょっと、よろしく!」

夫は一方的に話しを終わらせると、電話を切ってしまった。

キリコ 「…なんなの。入院しても丸投げされるの、私は」

(頭が回らないって37.5 度なのに!? 私が39度超えの高熱を出して辛くて死にそうだった時、ほとんど変わらず仕事してたくせに! 幼稚園はプレに行ってないと入れないかもって散々話しても、幼稚園選びなんて一緒にしてくれなかったくせに! 私にぜーんぶ丸投げしたくせに! さっきまでパパの話をもう少し聞かなきゃとか思ってたけど、やっぱ取り消すわ!その前に私の話を聞けっての!)

苛立ちが止まらない私の目が、テレビ台に置かれているレモンマドレーヌを捉える。
(そうだった! まだ食べてなかった!)

私は救われたような気持ちになり、マドレーヌへと手を伸ばす。

キリコ 「もう少し、もう少し、神スイーツまでもう少し」

マドレーヌの袋に手が触れた瞬間――。

夫の愚痴なんて、もうずっと聞いてない気がする/連続小説 第12話の画像4

キリコ 「…いぃぃぃっ!」

腰に激痛が走って、息が止まりそうになる。私は震える手でナースコールを押した。

――プー、プー、プー

呼び出し音が鳴り、駆け付けた看護師が個人スペースのカーテンを開ける。

看護師 「円田さん、どうしました? 痛みますか?」

キリコ 「…あ、あの」

看護師 「先生、呼びますか?」

キリコ 「か、神スイーツ…、取ってください」

看護師 「え?」

キリコ 「あ、そうじゃなくて、マ、マドレーヌ…」

看護師 「え、あー、これ。そんなに痛くて食べられるの?」

キリコ 「は、はい…」

看護師 「そう」

看護師は不思議そうな表情を見せながら、私にマドレーヌを渡し去っていく。

私は荒い息を整えながらマドレーヌの袋を開け、貝殻型のスイーツを口にする。爽やかなレモンの香りと優しい甘さが広がる。
(マドレーヌってわざわざ買ったことなかったけど、なんだか懐かしい味がするんだなぁ。奏太にも食べさせてあげたい)

キリコ 「ふぅ…。うん、いいこと起これ。いいこと起これ……」

さっきまでのイライラが神スイーツのおかげで中和されていくのを感じる。

単純すぎる?いいや、単純でもいいじゃない。

私はマドレーヌの甘さに心底感謝した。

▶次回は、6/9(金)更新予定です。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
連続小説『夫婦の言い分』の画像
連続小説『夫婦の言い分』

連続小説『夫婦の言い分』(作:さいとう美如)

北区赤羽。季節は4月。

キリコ(34)と夫の満(36)は、6年前、よく行くカフェで開かれた料理教室で一...

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 夫の愚痴なんて、もうずっと聞いてない気がする/連続小説 第12話