「つわりは辛いもの」という思い込みに要注意!自己判断で我慢し過ぎた結果…のタイトル画像
公開 2017年06月07日   更新 2022年08月23日

「つわりは辛いもの」という思い込みに要注意!自己判断で我慢し過ぎた結果…

162,916 View

後から考えれば、なぜ…と思うのですが、思い込みで判断を誤る時ってなかなか気付けないものです。


>シリーズの最初から読む

1人目のつわり中に言われた言葉

「つわりは辛いもの」という思い込みに要注意!自己判断で我慢し過ぎた結果…の画像1


看護師さんは、ほんの世間話の感じで言っていたのですが

「自分のつわりは "本当に酷い" わけではないのかな」

と、妙にこの話が印象に残っていたのです。

そして、2人目妊娠、7週目のこと

5週目から始まったつわりは、やはり重く…。

7週目ぐらいには水も飲めなくなっていました。

「つわりは辛いもの」という思い込みに要注意!自己判断で我慢し過ぎた結果…の画像2

1人目のつわりも重かったので「つわりは辛いもの」という思い込みがありました。

加えて看護師さんが何の気もなく言った「10kg」を判断基準にしてしまったため、倒れて歩けなくなるまで我慢してしまいました。

そして…

妊娠8週目、病院に行くと。

「つわりは辛いもの」という思い込みに要注意!自己判断で我慢し過ぎた結果…の画像3

このまま、私は妊娠悪阻で2ヶ月入院することに。

出産は命がけ…と言いますが、妊娠そのものも命がけなんだと身をもって思い知りました。


「つわりが辛い」という話はよく聞くので「辛くて当たり前なんだ」と思い込んで自己判断すると、大変な事になってしまう事もあります。

この経験を経て、つわりに限らず辛いと思った時に「これぐらい当たり前」と思い込むのは危険だなと思いました。


とはいえ、具合が悪いとどうしても判断力が鈍るし出かける事自体が大変でもあるので、すぐ病院に行けない時は病院に電話して現状を伝えたり、周りを頼ったりして、自分一人で判断してしまわないように気を付けていきたいと思います。

※ この記事は2024年04月22日に再公開された記事です。

Share!

ナコまとめのタイトル画像
ナコまとめ #7
ナコのタイトル画像 ナコ