上の子を叱る時、ちょっとの「工夫」でだいぶ反応が変わりました!のタイトル画像
公開 2017年06月19日   更新 2017年11月24日

上の子を叱る時、ちょっとの「工夫」でだいぶ反応が変わりました!

124,789 View

ついつい上の子ばかり注意してしまいがちですが…。


>シリーズの最初から読む

幼い兄妹あるある

上の子を叱る時、ちょっとの「工夫」でだいぶ反応が変わりました!の画像1

幼い兄妹が一緒に過ごしていると、
高確率でこんな状態になります。

妹にもちろん悪気などないのですが、
兄からしたら一生懸命作ったモノを潰されてしまったのですから
怒るのも無理はありません。


こんな時、ついつい上の子に対して

『急に押したったらアカンやん!!』

と先に注意してしまいがちでした。

ですが保育士である夫のアドバイスや
子育ての本などを読んで、
少し注意の仕方を意識して変えてみました

上の子を叱る時、ちょっとの「工夫」でだいぶ反応が変わりました!の画像2

先に『ダメでしょ!』と言ってしまっていた時は、
なかなか素直に言うことを聞いてくれませんでしたが、

先に本人の気持ちに理解を示すことで、
その後の注意もわりとすんなり聞いてくれるようになりました。

また、まだ幼く、おそらく注意したところで
全く意味が分かっていないであろう妹に対しても、
兄と同じように注意していました。

兄からすると、

『なんで僕ばっかり叱られるん?』

という思いがあるので、わざと兄の前で、
妹にも平等に注意していました。

すると逆に、

『いいねん母ちゃん!ゆきちゃん、まだ小さいから。
 のぶ、もう一回作るから大丈夫!!』

と、妹をかばう場面も見られました。

叱り方や注意の仕方も、
少し工夫するだけでずいぶんと効果が違うんだなと思いました。

ホリカンさんの書籍もおすすめ!

Share!

ツッコミが止まりません!のタイトル画像
ツッコミが止まりません! #69
ホリカンのタイトル画像 ホリカン