1. >
  2. >
  3. >
  4. ★このばし日記★第二話「教育が売り物になると・・・」

★このばし日記★第二話「教育が売り物になると・・・」

★このばし日記★第二話「教育が売り物になると・・・」のタイトル画像

本屋さんで見かける子ども用のドリルや絵本。

それって、何歳用ですか?

本屋さんに行きまして

たまたま通りかかった

こどもコーナー

ちらりと手にとって見たら

★このばし日記★第二話「教育が売り物になると・・・」の画像1

大して変わらない内容が

キッチリと年齢別に分かれていたんです。





右に5、6歳用ドリル。(りんご2こと、りんご3こで、りんごはなんこかな?)

左に小学一年生用問題集。(赤い丸2つと赤い丸3つで、赤い丸はいくつ?)

一体どこに線引きされるべき場所があるのか・・・



逆に



頭が小学生レベルの中学生に

ど う に か し て 分かりやすく図解化し

売り上げを伸ばそうと努力している



中学生の問題集の面白いことよ・・・。

★このばし日記★第二話「教育が売り物になると・・・」の画像2

ここまで分かりやすい解説あったら

うちのムスコにでも理解できるんじゃないの?

ってほど・・・。



充実の内容でした。



そりゃ、現実問題として5歳児なんて

まだこんな状態ですから・・・↓

★このばし日記★第二話「教育が売り物になると・・・」の画像3

そもそもドリルなんて大人しくやるわけないことは

語らずともなのですが・・・





中学生の参考書が、実は5,6歳児にもイケる。

ってのが盲点でした。





これは、



教育が商品になって

「年齢カテゴリー化」されてしまった

弊害の良い例かと思うのです。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 教育

この記事を書いた人

うえみあゆみ

土壇場に強い、寂しがり屋の1人好き。 コミックエッセイを中心に執筆しています。
子供たちがまた赤ちゃんの頃に戻ってくれないかなと思っている二児の母。...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. ★このばし日記★第二話「教育が売り物になると・・・」