1. 総合トップ
  2. >
  3. え、もうこんな時間…。「ワンオペ育児」初日の夜に思うこと/連続小説 第8話

え、もうこんな時間…。「ワンオペ育児」初日の夜に思うこと/連続小説 第8話

え、もうこんな時間…。「ワンオペ育児」初日の夜に思うこと/連続小説 第8話のタイトル画像

妻キリコの急な入院によって、いわゆる「ワンオペ育児」状態になった満。はたして無事に初日の夜を過ごすことはできるのだろうか…。

今夜の夕飯はコンビニで適当に買ってきた。

泣いて愚図る奏太を連れていると、コンビニで買い物することすら大変だった。

奏太はから揚げと鮭のおにぎりを食べ、大好きなプラレールで遊び始めている。

俺は焼き肉弁当を食べ、弁当の容器をコンビニの袋に突っ込むと、スマホを手にする。
(母ちゃんに電話してみるか)

俺の実家は岐阜県岐阜市にあり、西岐阜駅近くで小ぢんまりとしたラーメン店「おぼろさん」を経営している。

父親が29歳でオープンさせてからもう30年以上経つが、まあまあの繁盛店で、今では兄夫婦も両親と一緒に働いている。

兄夫婦は二十代前半で結婚し、子どもは二人。二人ともすでに高校を卒業し、家を出ている。

俺は、まだ営業真っ只中の「おぼろさん」に電話を掛けてみる。

満の母 「はい、おぼろさんです」

   「ははっ」

満の母 「…満? なに笑ってるのよもう」

   「はい、おぼろさんです、ってどうしても笑っちゃうんだよね。うちは円田さんでしょ」

満の母 「それで? どうしたの?」

   「あぁ…」

え、もうこんな時間…。「ワンオペ育児」初日の夜に思うこと/連続小説 第8話の画像1

俺が端的に状況を話すと、母は「ちょっと待ってて」と受話器を伏せた。

いつものことだ。父に返答の確認をしているのだ。

父は一家の大黒柱であり、お店の経営者。亭主関白で、絶対的存在。

父が右と言えば、左の物だって右。というのが、円田家。

満の母 「もしもし? 心配だけど…忙しくて、手伝ってやるのはちょっと…ムリかな。お父さんが、夫婦二人でどうにかしろ、家族の問題だろ、って言ってるし…」

(思った通りと言えば、思った通りの返答かな。…でも確かに、これは俺の家族の問題だしな。奏太の親である俺とキリの二人で、なんとかするべきか)

   「父ちゃんがそう言ってるなら仕方ないね」

満の母 「ごめんね。ちょっと忙しいから、またね」

電話が切れ、活気に溢れた店の音が消える。
(仕方ない。明日は仕事を休んで、市役所に行ってみよう)

   「さてと。奏太、お風呂に入ろう」

大好きな東西線をレールの上で動かしていた奏太は顔を上げ、キッと俺を睨む。

え、もうこんな時間…。「ワンオペ育児」初日の夜に思うこと/連続小説 第8話の画像2

奏太  「はいんない! ぼく、はいんないよ!」

   「えー…」
(まぁ、ママが急にいなくなったんだから、そりゃ不安もあるだろうし、しょうがないか。怒らず優しくしてやらないと)

   「じゃあ、パパとお風呂に入りたくなったら教えてね」

奏太  「はいんないよ!」

   「不機嫌だねぇ」

奏太は怒った顔をアピールしながら、テレビ台の下に収納してある電車のDVDを取り出す。

奏太  「これ見たい」

   「わかった」

全国の地下鉄の映像が30分間ずっと流れているだけ、というDVDをつける。

奏太は満足した表情になり、ソファーに座って見始めた。
(この隙に、もろもろ連絡するか)

俺は服で溢れた洋室に向かい、会社の社長に今日の謝罪内容と、妻が入院してしまったことを報告した――。

   「申し訳ありません。明後日からは普通に出社できます、はい、はい、失礼します」

長々と電話をし、持っていた右手を右耳が痛い。

ふーっと鼻で息を吐き、続けて、ケンゾーにもキリコが入院したこと、明日は会社を休むことをメッセージで送った。

え、もうこんな時間…。「ワンオペ育児」初日の夜に思うこと/連続小説 第8話の画像3

   「終わったー」

大きく伸びをしながらリビングに戻ると、奏太がソファーで寝落ちしていた。

壁の時計を見ると23時を過ぎている。

   「マジか…」

俺はそっと奏太の柔らかな頬に触れる。

   「奏太、お風呂は?」

奏太  「………」

全く反応しない。

   「…仕方ないか」

風呂に一日入らなくたってどうってことない。俺は奏太を抱えると、和室に敷きっぱなしになっている布団に奏太を寝かせた。
(明日は朝イチで市役所だし、俺もさっさと風呂に入って寝よう)

脱衣所に向かい、服を脱ぎ、昼間キリコが唸っていた風呂場に足を踏み入れると――。

奏太  「うわあああ~ん!」

   「…あ、起きちゃったか。脱いじゃったけど…」

――ガシャン!

   「どうした!?」

奏太の泣き声と共に何かが倒れた音がし、俺は慌ててリビングに戻る。

すると寝室から出てきた奏太が、リビングのテーブルの上にあったお茶を豪快にこぼしていた。

え、もうこんな時間…。「ワンオペ育児」初日の夜に思うこと/連続小説 第8話の画像4

奏太  「あ〜ん! ママ~! ママ~!」

   「パパいるよ。お風呂に入ろうとしてたの。奏太も入る?」

奏太  「ママ~! ママ~!」

奏太はまるで俺が見えていない様子で泣き続ける。俺は床にこぼれたお茶を拭こうとして、雑巾が見当たらない。

   「あぁ、もういいや」

脱衣所からバスタオルを取り、床を拭く。
(今治タオル、よく吸収するな)

床を拭き終わると、俺は急いでギャン泣きモードの奏太を抱き上げる。

   「泣かないの。静かにしようね」

奏太  「パパ、ダメ! ママだっこ! ママ~! どこ~!」

まるで釣りたての魚のように暴れる奏太に体のあちこちを蹴られ、俺の肌は赤く変わっていく。

   「…いたっ! 奏太、痛いよ! 落ち着いてよ。お茶が飲みたかったのかな? 飲もう」

23時過ぎのギャン泣きを止めようと、俺は奏太にお茶を飲ませ、電車のDVDを再生させ、東西線のプラレールを奏太に握らせた。

あやす方法を思いつくままにやっていき、30分後、奏太はようやく泣き止んだ。

奏太  「…ねんね、する」

   「…………はい」

奏太を抱いたまま、一緒に布団に入ると、奏太は泣き疲れたのもありすぐに寝息を立て始める。

俺はまるで忍者のように忍び足で布団から出ると、リビングのソファーに腰を下ろした。

   「ふぅ…」

そしてテーブルの上のお茶をゆっくり飲んでいると、カーテンを閉め忘れた窓ガラスに全裸のおっさんが映っていた。

え、もうこんな時間…。「ワンオペ育児」初日の夜に思うこと/連続小説 第8話の画像5

   「…ぶっ!」

思わずお茶を吹き出し、カーテンを閉める。

   「俺は変態かよ」

ずっと全裸でいたため、冷えきった体を今すぐ温めたい。

風呂場に向かおうとすると、また小さく奏太のうめき声が聞こえ、俺の体は停止する。
(…ダメだ。もう寝るしかない)

俺は脱いだ部屋着を再び着ながら、「何やってんだか…」とつぶやき、奏太の待つ布団に入った。

え、もうこんな時間…。「ワンオペ育児」初日の夜に思うこと/連続小説 第8話の画像6

▶次回は、5/26(金)更新予定です。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
連続小説『夫婦の言い分』の画像
連続小説『夫婦の言い分』

連続小説『夫婦の言い分』(作:さいとう美如)

北区赤羽。季節は4月。

キリコ(34)と夫の満(36)は、6年前、よく行くカフェで開かれた料理教室で一...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. え、もうこんな時間…。「ワンオペ育児」初日の夜に思うこと/連続小説 第8話