1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情

「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情

「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情のタイトル画像

1歳頃からチョコレートを食べさせる国ベルギー。
その国で暮らしている以上さけて通れないこの問題に我々はどう立ち向かうべきなのか…。

毎朝子どものお弁当を作ってくれる夫…。しかし…。

「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情の画像1

幼児にチョコレートを食べさせないで欲しい。

「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情の画像2

意を決して遠回しに(?)言ってみるも…

「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情の画像3

どこ吹く風。

「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情の画像4

しかしここはチョコレート王国。

夫はその王国の人間である。

チョコレートは薬。

チョコレートは正義。

チョコレートは絶対、なのである。

そのチョコレートを否定するということは彼自身を否定することにもなりうるのだ。

「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情の画像5

キラキラした目をしながらチョコレートの無罪(?)を訴える彼を見ながら、

それでも幼児にチョコレートをあげるのが嫌な私は

「とにかくアカンねん!」

「歯にもよくないねん!」

「アカンってゆったらアカンねん!」

と訴え返した。

キラキラ目にはキラキラ目である。

「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情の画像6

努力の甲斐あって、

チョコペーストのサンドウィッチは

ハムやチーズのサンドウィッチに変更になった。

あとは私が気をつけていれば問題無し!

なぁに、チョコを禁止にするのは幼児期だけ!

もっと大きくなったら、チョコレート王国の王国たるゆえんのチョコレートを食べるがよ〜〜〜い〜〜〜!!

ヒャーハハハハハハ!などと高笑いをあげていた。

とは、いかない私のベルギー育児!

「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情の画像7
「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情の画像8

そうは問屋が、ベルギーがおろさなかった。

もうこれは国家による陰謀である。

チョコレート王国がチョコレートを食べさせない母親にこれでもかと仕掛けてくる大いなるワナである!

ベルギーのチョコレートはベルギーではとても安く売っている。

カフェでコーヒーを頼んだら、小さな板チョコがついてくる国である。

イベントは必ずチョコレートがからんで来る国である。

クリスマスにはサンタの形をしたチョコレート、バレンタインはいわずもがな、

イースターでは卵の形をしたチョコレートがこれでもかと店に並ぶようになる国である。

罠は「こちら側」だと思っていた学校(幼稚園)に仕掛けられていた。

学校ではイースターで行われた「エッグハント」という文字どおり隠された卵を探し出すゲームで、

学校の庭や教室のそこかしこに卵が隠されていたが、

そのイベントではチョコレートの卵が使われていた。

キラキラした目でチョコレートの卵を探す子どもたち…。

探した卵を同じキラキラした目で親に見せる子どもたち…。

その流れで「せっかく探した卵、食べてもいい?」と聞かれたら?

匂いから卵がチョコレートでないことは否定しようもない。


「くっ、これがチョコレート王国の実力か…っ」

私はなすすべもなく膝から崩れ落ちた。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
さとえみの画像
さとえみ

ベルギーの片田舎に生息するお絵かき好きの主婦です。
ベルギー人夫ヤンと共に二人三脚で三姉妹を育てています。...

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 「子どもにチョコレートは控えたいけど…」ベルギーの仰天チョコ事情