1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 絶対に失敗したくない!春の運動会で実践したいカメラ撮影のポイント5選!

絶対に失敗したくない!春の運動会で実践したいカメラ撮影のポイント5選!

絶対に失敗したくない!春の運動会で実践したいカメラ撮影のポイント5選!のタイトル画像

5月は春の運動会シーズン。子どもたちの成長した姿を写真に残しませんか?

PR キヤノンマーケティングジャパン株式会社

春の運動会シーズン、到来!

5月のゴールデンウィークが終わり、これからの季節はまさに春の運動会シーズン!

運動会は年に1度、子どもの成長を感じることができる貴重な機会の1つです。

運動会に来ることができなかったおじいちゃんおばあちゃんに写真を見せたり、家族みんなであとから見返すためにも、写真で失敗はしたくない!と思っているママ・パパは多いのではないでしょうか。

そこで今回は春の運動会前に知っておきたい、失敗しない撮影のポイントを5つご紹介します!

ポイント① メモリー容量とバッテリーを準備しよう!

撮影に失敗しないためには前日までの準備も重要。
特に「メモリーカード」と「予備のバッテリー」は忘れずに準備しておきましょう。

1日中開催される運動会。その写真を残そうと思うと、メモリ容量はたくさん必要になりますし、ずっと撮り続けるなら予備のバッテリーは欠かせません。
スマホで撮影する場合は事前に写真を消したり、モバイルバッテリーを準備したりすると安心。

当日「メモリが足りなくて運動会の後半、写真が撮れなかった…」「電源が切れて、ゴールのタイミングを逃してしまった!」とならないように、前日までにしっかり準備をしておきたいですね。

ポイント② 当日のプログラムはばっちり確認しておこう!

事前に用意できるもう1つのポイントは、「プログラムを事前に確認しておくこと」。

たくさん競技がある中で、自分の子どもが出る競技は何なのか、事前に確認しておきましょう。
プログラムを事前に確認しておくことで、出番に合わせて撮影スポットを確認したり、撮影準備をしたりできるので安心して写真撮影に臨むことができます。

特に子どもがどの競技を楽しみにしているのか、練習を頑張っている競技は何なのかを確認しておくと、より思い出に残る1枚が撮れるかもしれません。

ポイント③ 早い動きは「連写」で残そう!

かけっこやダンスなど、子どもたちの動きが激しい運動会。
基本的には「連写してベストショットを狙う」のがポイントとなります。

どんなカメラを使っていても、動く子どもの決定的瞬間をとらえるにはかなりの集中力が必要ですよね。
そのうえたった1回のシャッターで、となればさらに難しくなってしまいます。

基本的には連写機能を使ってたくさん写真を撮って、その中にキレイに撮れている瞬間があればラッキーです。
連写することを忘れないようにしてくださいね。

ポイント④ 競技ごとの撮影おすすめスポットを押さえておこう!

運動会では競技がたくさん。それぞれの決定的瞬間を押さえたいものです。

かけっこであれば、スタート地点では子どもたちの緊張した姿が、カーブする場所では躍動感ある写真が撮影できますが、やはり押さえておきたいのは「ゴールシーン」。

絶対に失敗したくない!春の運動会で実践したいカメラ撮影のポイント5選!の画像4

競争倍率が高い場所ではありますが、良い場所を押さえられたら、まずはゴールテープを持っている人や、前に走った子どもたちにピントを合わせて、子どもがゴールしてくるタイミングを狙いましょう。

ダンスの時は「決めポーズ」の時がシャッターチャンス。

絶対に失敗したくない!春の運動会で実践したいカメラ撮影のポイント5選!の画像5

動きも位置も変わり続けるダンスの中では、正面を向いた時やポーズを決めた一瞬を狙いましょう。
事前に子どもにどこが正面になるのか、確認しておくと安心ですね。

ポイント⑤ オフショットも思い出の1つとして残そう!

競技中以外も撮影のチャンスはたくさん!
友だちとの集合写真や、楽しいお弁当の時間など、家では見たことがない子どもたちの表情が垣間見えることもあります。

絶対に失敗したくない!春の運動会で実践したいカメラ撮影のポイント5選!の画像6

競技をしている時以外の姿や、当日のお弁当などもぜひ思い出に残してくださいね。

絶対に失敗したくない!春の運動会で実践したいカメラ撮影のポイント5選!の画像7

さらにキレイに写真を撮るためのポイントとは?

ポイントを押さえていても、やっぱりスマホでの撮影は難しいのが正直なところ。
コノビーが行ったアンケートでは、スマホの撮影で「動く被写体だとブレブレになる」と感じているママたちは、51.1%。
およそ2人に1人が撮りづらさを感じている結果に。(※)

コノビー編集部のママからも

自分のスマホでは、天気が悪かったのもあって画面が暗く、子どもの姿がキレイに撮影できず…。
後日ママ友から送ってもらった写真が一番キレイに撮れていて、カメラを買っておけばよかったと後悔しました


という声が。

やはり運動会でキレイに写真を残すために一番安心できるポイントは、「デジタル一眼レフカメラを使うこと」なのかもしれません。

どんなシーンでも思いのまま。ママが選びたいカメラとは?

そんな悩めるママ・パパにおすすめのカメラが、キヤノンの新しいデジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9i」。

なぜならEOS KissX9iには、運動会の写真をキレイに撮るための機能がそろっているから。

例えば、望遠レンズを使ってズームしても、明るくキレイな高画質で撮影でき、スマホで撮影した時のように暗くなったり、画質が落ちたりすることはありません。

絶対に失敗したくない!春の運動会で実践したいカメラ撮影のポイント5選!の画像8
※EOS Kiss X9iと同じ画角にトリミング

シャッタースピードも最高約6コマ/秒というEOS Kissシリーズ歴代最速の性能で、決定的瞬間を捉えられるチャンスがさらにアップしました。

また、タッチでかんたんにピントを合わせることができるので、たくさんいる子どもたちの中から自分の子どもにピントを合わせるのも楽々。

絶対に失敗したくない!春の運動会で実践したいカメラ撮影のポイント5選!の画像9

Bluetooth機能を使えば、撮影した写真をすぐにスマホで確認して、ママ友と写真のシェアすることも可能なので、運動会がもっと楽しくなりそうです。

絶対に失敗したくない!春の運動会で実践したいカメラ撮影のポイント5選!の画像10

高画質の動画撮影も可能なので、徒競走や玉入れなど速い動きの競技でもなめらかで美しい映像を撮影することができます。

運動会の思い出はEOS Kiss X9iで残そう!

1年に1回の運動会シーズン。

普段とは違う子どもの頑張る姿をママ・パパが見ることができるチャンスです。
写真で後悔することがないよう、ぜひポイントを押さえて思い出をたくさん残してくださいね。



※ コノビー「写真に関するアンケート」 回答数:309件(2017年3月31日〜4月6日実施)

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 絶対に失敗したくない!春の運動会で実践したいカメラ撮影のポイント5選!