1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 産後で超多忙の中、お宮参りでどうしても「着物」を着たかったワケ

産後で超多忙の中、お宮参りでどうしても「着物」を着たかったワケ

産後で超多忙の中、お宮参りでどうしても「着物」を着たかったワケのタイトル画像

赤ちゃんにとっても、ママにとっても初めての晴れ舞台である産後1ヶ月の「お宮参り」。
着物を着ていくとこんないいこと、あります♪

産後で超多忙の中、お宮参りでどうしても「着物」を着たかったワケの画像1

搾乳するとかえって胸が張ってしまう、という方もいらっしゃるかもしれません。

母乳パッドは少し重ねて計4~5枚使いました!

帯などはゆるく締め、胸を圧迫しすぎないこと。

当日は着物に母乳が染みだすことはなかったです!

産後で超多忙の中、お宮参りでどうしても「着物」を着たかったワケの画像2
産後で超多忙の中、お宮参りでどうしても「着物」を着たかったワケの画像3

1時間でメイク、髪の毛のセット、着付けをしたため

重視したのは「質より早さ!」

ちょっと帯が曲がっていても、おばあちゃんやパパに直してもらえばOK!

もしくは羽織で隠してしまう!
(コートはいけませんが、羽織なら室内でも脱ぐ必要はありません)

また、割烹着やエプロンを持っていくと、おむつ替えで着物が汚れる心配もありません。

産後1ヶ月で自分で着ていくのは、

最初は「無理かも…」と思っていましたが

終わってみれば、とてもいい思い出になりました!!

皆様も、着物を自分で着ていくお宮参り。いかがでしょうか?

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
 綾乃かずえの画像
綾乃かずえ

年の差夫婦で、現在1歳の息子を子育て中です!
宜しくお願い致します!...

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 産後で超多忙の中、お宮参りでどうしても「着物」を着たかったワケ