1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠10ヶ月

妊娠10ヶ月

妊娠10ヶ月のタイトル画像

妊娠週数の36〜40週にあたる妊娠9ヶ月。いよいよ出産予定日を迎えるこの時期、あとはお産の前兆があり、赤ちゃんが産まれてくるタイミングを待つのみです。この時期の赤ちゃんと妊婦さんの体の変化を週ごとにご紹介します。

出典:http://pixabay.com/

いよいよ妊娠40週の出産間近!

妊娠10ヶ月とは妊娠36週から40週までの28日間を指します。40週にはいよいよ出産です。出産予定日近くになると、赤ちゃんは頭を下にし、あごを引き、肩を内側に曲げて縮まった体勢で「そのとき」を待ちます。そのため、胎動はだんだんと減ってくるでしょう。

妊娠36週:赤ちゃんは「成熟児」に、ママは栄養十分に!

この頃の赤ちゃんの身長は47~48cmほど、体重は2000~2900gくらいです。呼吸器や心臓、肝臓、消化器などすべての臓器は十分な大きさになり、機能も完成します。呼吸や体温調節をすることもできる状態です。一般的に、妊娠36週になり体の機能が成熟して体重が2500gを超えると、「成熟児」といわれるようになります。



妊娠10ヶ月に入ると、健診が週にー度になります。赤ちゃんと一緒に子宮が下がってくると、ママは動悸や息切れが少し楽になり、食欲も戻ってきます。母子ともに元気にお産を乗り越えてゆくためにも、妊娠後期は一番カロリーが必要な時期。妊娠高血圧症候群と診断されたり、妊娠糖尿病でカロリー制限をしているのでなければ、食べる量や回数を工夫しながら、バランスよく栄養をとるようにしましょう。水分も十分にとってください。

妊娠37週:赤ちゃんは外に出る準備を!ママは心穏やかに

身長は48~49cmほど、体重は2200~3100gくらいに成長してきます。この時期の赤ちゃんは背を丸め、両腕は胸の前につけ、足はひざを曲げておなかに引き寄せるような姿勢で、骨盤内に入っていこうとしています。赤ちゃんの腸の中には、すでに大量の濃い緑色の胎便(肝臓、すい臓、胆のうから出た細胞や老廃物や、赤ちゃんが飲んだ羊水中に浮遊していた赤ちゃんの皮膚細胞)がたまっていて、出生後はすぐに便の排出機能が働き始めます。



ママは妊娠初期にも子宮の張りを感じますが、この頃再び頻繁に張りを感じるようになります。これは、限界まで大きくなった子宮の筋肉によるもの。身体を温め、筋肉を緩めると楽になります。この頃に陣痛が来ることは珍しいですが、いつ陣痛が来ても大丈夫な正期産の時期に入ります。やっと赤ちゃんに会えるのが嬉しい一方、不安もあるかもしれません。困ったことがあれば夜中でも産院に連絡できますし、周りの人をたくさん頼って、できるだけ心穏やかにその日を迎えられるようにしましょう!

妊娠38週:赤ちゃんの発達はほぼ完了、ママは「おしるし」があるかも

身長が49cmほど、体重は2300~3300gくらいに。体の構造の発達はほぼ終了し、皮膚が厚くなって脂肪を増やしています。それにより皮膚の色が不透明になり、以前は透けていた内臓や筋肉、血管も見えなくなります。また赤ちゃんは生き抜くために、70種類以上の反射機能をもって誕生します。ママをしっかり握るための把握反射や、おっぱいを吸うための吸啜(きゅうてつ)反射など…それらをお腹の中で繰り返し練習している時期です。



ママの体では、子宮口を柔らかくするために37週目あたりからおりものが増えますが、この頃いよいよ子宮口が開いてくると「おしるし」が現れます。赤ちゃんを包む卵膜と子宮の壁の内側がズレることで少量の出血が見られ、おりものと混じってドロッとした茶色っぽいおりものとなって出てくるのを、「おしるし」と言います。産道がやわらかくなり、赤ちゃんがスムーズに降りてこられるようになっている証拠です。色や量、時期には個人差があるので、この時期になくても焦らなくて大丈夫です。

妊娠39週:赤ちゃんは準備万端!ママはお産の前兆を頭に入れましょう

身長が50cmほど、体重は2400~3500gくらいになります。ほとんどの赤ちゃんはママの骨盤内で頭を下にして、顔も横向きかママの背骨側へうつむき加減になっています。赤ちゃんの頭蓋骨は、継ぎ目が完全に固まっていない薄い5つの骨でできています。産道を通るときに、継ぎ目を重ね合わせてできるだけ頭を小さくして狭く複雑な産道を通り抜けてようとするためです。



出産目前のこの時期、お産の前兆の一つの陣痛が現れますが、陣痛には2種類があります。「前駆陣痛」は「偽陣痛」とも呼ばれ、お産に直接関係しないお腹の痛みを指します。陣痛のウォーミングアップのようなもので、痛む時間や強さが不規則で、体勢を変えたりマッサージをすることで楽になります。一方「本陣痛」はお産に直結する陣痛です。こちらは、痛みが段々と強くなり、時間の間隔も規則的で段々と短くなるもので、何をしても痛みが和らがないという特徴があります。出産前は精神的にも不安になりがちですが、お産の前兆を頭に入れることで心の準備をしてみてくださいね。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事を書いた人

まなみん

妊娠に関する記事を書いています。よろしくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠10ヶ月