1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 「ごめん、仕事はいった…」土曜出勤の夫を、笑顔で見送れない私/連続小説 第1話

「ごめん、仕事はいった…」土曜出勤の夫を、笑顔で見送れない私/連続小説 第1話

「ごめん、仕事はいった…」土曜出勤の夫を、笑顔で見送れない私/連続小説 第1話のタイトル画像

結婚して、子どもができた。
普通の生活の先には、キラキラした幸せがあるはずだった。


北区赤羽――。

4月。

密集した住宅街の中に、

古民家をリノベした白壁の二階建てのカフェがある。

「ごめん、仕事はいった…」土曜出勤の夫を、笑顔で見送れない私/連続小説 第1話の画像1

白地の布に黒い文字で「Bun'kitchen」とプリントされた看板が二階の窓から下がり、

入り口に立て掛けられている黒板には

「今日は料理教室の日のため、カフェはお休みです」

とチョークで書かれている。

店内は白壁にフローリング、カウンター式のキッチン。

天井はむき出しの梁が見え、二十畳ほどのこぢんまりとした空間が心地よい。

アンティーク調のテーブル席が店の中央に集められ、五人の女性たちがパン生地をこねる。

その傍らに、手順を教えている男性店主がいる。

三人の生徒と店主は和気あいあいとしているが、残りの二人は様子が違う。

二十六歳、早智はフェミニンな服装のわりに、長い黒髪をきつ〜く一つに縛り上げ、黒ぶちの眼鏡から放つ真剣な視線でパン生地を観察しながら、こね上げている。

そして私、三十四歳の円田キリコは・・・・・・。

パン生地よ、すまない。

「ごめん、仕事はいった…」土曜出勤の夫を、笑顔で見送れない私/連続小説 第1話の画像2

――ばちーん!

すごい勢いでパン生地をパンこね台にたたきつけた。

その様子に、三人の生徒と店主の会話が止まるが気にしない。

店主  「…キリコさん、パン生地は叩きつけるというより、優しくこねてくださいね」

キリコ 「……」

聞こえていないふりをし、私はスケッパーも使わずにパン生地を四つに引きちぎってやった。

そしてその四つの一つを手に取り、乱暴に丸めると、もう一度。

――ばちーん!

平常心なら「小さくてかわいい」と思えるサイズのパン生地すら、思いきり台にたたきつけてやった。

私の隣にいる早智はパン生地をきれいに形成し、満足したようにうなずくと、まっすぐに私に体を向ける。

早智  「キリコさん、力いれすぎです。あれですか、満さんが急に仕事になったことにイライラしてるとかですか。」

キリコ 「……そう!」

早智  「でもトラブルだって言ってましたよね。新しく入ったアシスタントが衣装を焦がしたとかで。マネージャーの満さんだけでなく、スタイリストのケンちゃんまで一緒にクライアントのところに謝りに行ってますし、けっこう問題なんじゃないですか」

「ごめん、仕事はいった…」土曜出勤の夫を、笑顔で見送れない私/連続小説 第1話の画像3

重々分かり切ったことを丁寧に説明してくれる早智ちゃん。

私の夫・満はスタイリスト派遣事務所のマネージャーをしている。

そして早智の彼氏・ケンゾーは夫と同じ会社でスタイリストをしているのだった。

この記事を書いた人
さいとう美如の画像
さいとう美如

フリーライター。映像作家の岩井俊二に師事し、2005年にラジオドラマで脚本家デビュー。映画『虹の女神』、恋愛スマホゲーム『花婿ロワイヤル』、そのほか小説、漫画原...

  1. 総合トップ
  2. >
  3. ライフスタイル
  4. >
  5. 夫婦・家族関係
  6. >
  7. 「ごめん、仕事はいった…」土曜出勤の夫を、笑顔で見送れない私/連続小説 第1話