1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. “一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。

“一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。

“一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。のタイトル画像

ついつい「おひとりさま」を選びがちな私。だから『おかあさんといっしょ』のあの子が、どうしても気になって…。

母になって1年9ヶ月

私にはママ友がいません。

人見知りであがり症。

たくさんの人と過ごすのは気を使いすぎて疲れてしまうので、ついついお気楽な「おひとりさま=ボッチ」を選びがちです。

アクティブな夫

それに対して、夫はとても社交的で「リア充な男」。

たくさんの趣味を持ち、週末になれば仲間や友人たちと海へ山へと出かけていきます。

“一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。の画像1

弾まないおしゃべり、汗だくの私…

本当に、ごくごく稀に(笑)息子と支援センターに行くのですが

「そうです」

「ハイ」

「お子さん可愛いですね… フヒヒ」

このセリフを繰り返すだけで精一杯…

“一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。の画像2

「逃げちゃダメだ、逃げちゃダメだ…!」

とは思いつつも…
いつも素早く隅っこへと退避してしまいます。

“一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。の画像3

息子はどちら似?


絶賛、積み木ブームの息子。

1人黙々と遊ぶ我が子を見ていて、ふと考えることがあるのです。

「この子は、私に似て"ボッチ"で過ごすのが好きなタイプなんだろうか…」

“一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。の画像4

私自身は、自分の”ボッチライフ”になんの不満もないのですが、

明るく社交的な方が良しとされる世の中で、悩むこともあるんだろうな…と、ふと考えてしまいます。

「おかあさんといっしょ」の、あの子

ある日、Eテレの「おかあさんといっしょ」を見ていた時。

子どもたちが輪になって、エンディングテーマを踊る中壁によりかかっている女の子を見つけました。

“一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。の画像5

みんなと踊らない子がいる…!

“一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。の画像6

「みんなと踊る気分じゃないのかな」

「集団になじめないのかな」

「この子のお母さんは、どんな気持ちで見守っているんだろう」



つい、そんな風に考えていました。

次の瞬間…!

“一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。の画像7

笑顔で駆け出した女の子が、エンディングで嬉しそうに風船を拾う姿がありました。

“一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。の画像8

もしかしたら、あの子は踊りが嫌だったんじゃなくて

風船が落ちてくるのをワクワクしながら待っていたのかもしれない。


「みんなと同じでなくてもいいんだな」と、なんだか嬉しい気持ちになりました。

わんぱくでもいい。ボッチでもいい

“一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。の画像9

息子がどのようになっていくか、とても楽しみに見守れそうな私です。

もしも息子が悩んでいたら

「みんなと楽しく踊るのもいい」
「風船を待つように、自分だけの楽しみを見つけるのもいい」


そう伝えてあげたいと思います。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
はちやの画像
はちや

2015年5月産まれの息子と、ヒゲで料理上手な夫、愛猫いっぴきで田舎暮らし。
夜な夜なインスタグラムをかくのが楽しみ。
(#ダサい部屋着 で検索していただき...

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. “一人ぼっちでいる子”は、本当はこう考えているのかもしれない。