1. >
  2. >
  3. >
  4. 日本人より「もっと日本人」地球の反対側にある「日本人の学校」レポートvol,6

日本人より「もっと日本人」地球の反対側にある「日本人の学校」レポートvol,6

日本人より「もっと日本人」地球の反対側にある「日本人の学校」レポートvol,6のタイトル画像

さて、前回はブラジルのサンパウロにある日本人学校をご紹介致しました。南米最大、200人を超える児童・生徒を抱えるサンパウロ日本人学校。しかし今回お届けする日本人学校は、それとはだいぶ趣がことなる学校なんです。さてさて、どんな学校なんでしょうか?「地球の反対側」には、こんな学校もあるんですね!

パラグアイの首都・アスンシオンにも日本人学校があるの?

以前の記事で、南米にはたくさんの日系移民が在住していることをお知らせ致しましたが、このパラグアイにもたくさんの日本人が住んでいるんです。

パラグアイと聞くとあまり日本と馴染みがないように感じる人も多いと思いますが、そんなことはないんですよ~!



※下の写真はパラグアイの首都・アスンシオンの市場の様子です。この熱気、すごいですよね!

日本人より「もっと日本人」地球の反対側にある「日本人の学校」レポートvol,6の画像1

アスンシオン日本人学校ってどんなところ?

さてさて僕は、そんなアスンシオンの日本人学校を訪れてきました。

前回お伝えしましたサンパウロの日本人学校は、正直ちょっと治安の良くない地域にありました。ですので、僕はちょっとだけ警戒をして、このアスンシオン日本人学校にお伺いをしたのですが・・・なんと!

日本人より「もっと日本人」地球の反対側にある「日本人の学校」レポートvol,6の画像2

この緑多き穏やかな環境!



「比較的裕福な人が多く住む地域にあるから、大丈夫ですよ!」

と事前には聞かされていたのですが、そののどかな環境に本当にビックリしました。



校門の守衛さんもとってもフレンドリーでピリピリした感じもなく(笑)、パスポートをちょろっと見せただけでササッと中に入れてくれました。サンパウロとの違いに、本当にビックリした自分を覚えています。

日本人より「もっと日本人」地球の反対側にある「日本人の学校」レポートvol,6の画像3

そしてもう1つビックリしたのが、その生徒数。なんと、小中学生全部合わせても、たったの18名(訪問当時)だというのです。サンパウロは200名を超える大規模校でしたから、学校の雰囲気はやはり「普通の学校」といったものでした。



しかし、このアスンシオン日本人学校は驚くほどの~んびりしているのです(笑)。パラグアイというお国柄もあるのでしょうが、みんな本当に伸び伸びと学校生活を楽しんでいる様子が伺えました。

ふじもん先生は何をしてきたの?

ここでは本当に貴重な機会をたくさんいただきました。



完全に「1人の先生」として僕を出迎えて下さり、授業もさせていただいた上に休み時間のサッカーから放課後の掃除まで、子どもたちと一緒に完全に学校生活をさせていただいたのです!



僕にとって、それは本当に素晴らしい体験でした。色々な事情で子どもたちの写真を載せることができないのが本当に残念なのですが、人懐っこくて屈託のない笑顔で僕にまとわりついてくる子どもたち。もう、その可愛さは武器ですね(笑)!



なぜ僕は旅をしているのか?僕はどんな世界への実現を目指して今を生きているのか?自分の大切な原点をアスンシオン日本人学校の子どもたちは僕に教えてくれました。

日本人より「もっと日本人」地球の反対側にある「日本人の学校」レポートvol,6の画像4

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

遊び・教育 教育

この記事を書いた人

ふじもん先生

大学卒業後、プロスキー選手として国内外で活動。夏季は沖縄県石垣島でシーカヤックやシュノーケリングのガイドもするなど、自然が大好き。引退後、ワーキングホリデーにて...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 日本人より「もっと日本人」地球の反対側にある「日本人の学校」レポートvol,6