1. >
  2. >
  3. >
  4. 「しろふわチーズスフレ」_今日のご褒美スイーツ No.71

「しろふわチーズスフレ」_今日のご褒美スイーツ No.71

「しろふわチーズスフレ」_今日のご褒美スイーツ No.71のタイトル画像

巨人軍みたいなスイーツだと思います。

「しろふわチーズスフレ」というこの名前をよく覚えておいてください。

「しろふわチーズスフレ」_今日のご褒美スイーツ No.71の画像1

いいですか、「しろふわチーズスフレ」です。

「しろふわチーズスフレ」_今日のご褒美スイーツ No.71の画像2
「しろふわチーズスフレ」_今日のご褒美スイーツ No.71の画像3
「しろふわチーズスフレ」_今日のご褒美スイーツ No.71の画像4

このスイーツは、非常に合理主義というか、強いやつ片っ端から集めました、みたいなものです。それを、このスイーツの名前の構成要素から見てみましょう。

①しろ
白いものは正統であり、気品がある。そんなイメージから「しろ」いものを日本人はありがたがる傾向にあります。神道も白装束を身にまとったりしますしね。白レバーなんかも人気です。だから「しろ」という言葉が持つこのなんとなく正義っぽいイメージは意外と深く私たちの中に根付いています。

②ふわ
この企画でも何度か触れていますが、昨今の食品業界は「歯ごたえ」を避ける傾向にあります。現代人の顎が弱くなったからでしょうか。「ふわ」であることはつまり「食べやすさ」を意味します。しかしモノを食べた時の第一声で「食べやす〜い!」という人はあまりいませんから、だいたいの場合「おいし〜い!」となります。結果、食べやすさを通り越して、「ふわ」は見事「おいしい」の仲間入りを果たすことになりました。

③チーズ
おしゃれカフェに行って、チーズと出会わない日はないというくらい、チーズは食文化の様々な場面で登場します。そして多くの場合、チーズはトッピング。ハンバーガーの追加メニューや、パスタ料理の盛り付けに登場します。チーズはこうして、追加されるものとしての立場を築き上げ、結果的に、「チーズが入っているとちょっと贅沢」な気分を演出することに成功しました。さすが。

④スフレ
卵白の膨らむ力をこれほど生かしたスイーツもなかなかないでしょう。もともと「ふわっ」とした食感ではない食べ物を「ふわっ」とさせることが多い昨今、このスイーツは自らが「スフレ」であるということを明記することで「ふわっ」としていることに対して何の違和感も後ろめたさもなく、そこに存在できるのです。スフレは「ふわっ」の代名詞のようなものですからね。

そういう意味でこのスイーツは、ヒットするスイーツの要素を最大限合わせ持った、巨人軍のようなスイーツだと。
ちょっと言ってみたかっただけです。(スイーツ部 わたなべ)


【商品情報】
■お値段:税込150円
■カロリー:231kcal
■購入場所:ファミリーマート小浦目黒青葉台店

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
Conobieスイーツ部の画像
Conobieスイーツ部

毎日連載企画『今日のご褒美スイーツ』のアカウントです!日々忙しくて、なかなか自分のために時間をつくれないママ・パパに、自分のために手軽に買える「ご褒美」をご紹介...

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 「しろふわチーズスフレ」_今日のご褒美スイーツ No.71