1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子連れで外出するのがこわかった私の気持ちが軽くなった夫の一言

子連れで外出するのがこわかった私の気持ちが軽くなった夫の一言

子連れで外出するのがこわかった私の気持ちが軽くなった夫の一言のタイトル画像

こんにちは!めぐっぺです。
私は、子どもと外出するのがとても怖い時期がありました。そんな時、夫からの一言で、外出が少しだけ楽しめるようになりました。
私の心が少しだけ軽くなった時のお話しです。

子連れで外出するのが怖かった私

子連れで外出するのがこわかった私の気持ちが軽くなった夫の一言の画像1

今となっては、被害妄想のようなものだと分かるのですが、
この頃は、いつも誰かに監視されているように感じていました。

絶対騒がないように
絶対いたずらしないように
絶対泣かないように

と自分にかなりのプレッシャーをかけていました。

そんなある日

子連れで外出するのがこわかった私の気持ちが軽くなった夫の一言の画像2

夫は、良くも悪くも、他人の視線をあまり気にしない人です。

「最低限のマナーさえ守っていれば良いじゃないか」と言われた時は、雷に撃たれたようでした。

今までの気苦労は何だったんだ…。
と思うと同時に、肩の荷がふっと降りた気がしました。

子連れで外出するのがこわかった私の気持ちが軽くなった夫の一言の画像3

子連れのお出かけは、何かと気を遣うものです。
いくら最低限のことをやって、他は気にしないと言っても程度の問題もあったり、TPOの問題もあったりします。
その時々で、楽しくお出かけできたら良いなと思います。

最後まで読んでくださいまして、ありがとうございました。

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

この記事を書いた人
めぐっぺの画像
めぐっぺ

はじめまして。めぐっぺと申します。
福島県出身、子年生まれの引き子守り母ちゃんです。お絵描きとチョコとお茶が大好きです。

2012年生まれの息子と、年上...

  1. >
  2. >
  3. >
  4. >
  5. 子連れで外出するのがこわかった私の気持ちが軽くなった夫の一言