1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠6ヶ月

妊娠6ヶ月

妊娠6ヶ月のタイトル画像

妊娠週数の20〜23週にあたる妊娠6ヶ月。妊娠期間の折り返し地点もこの月に含まれ、赤ちゃんは音がよく聞こえるようになるなど、さらに成長する時期です。この時期の赤ちゃんと妊婦さんの体の変化を週ごとにご紹介します。

出典:http://pixabay.com/

妊娠6ヶ月になると、赤ちゃんも子宮もだいぶ大きく!

妊娠6ヶ月とは、妊娠20週から23週までの28日間を指します。子宮はだいぶ大きくなりおへそのあたりまで上がってきます。医学的には、22週を超えると、赤ちゃんは外で生きていくことが可能とされています。また20週から赤ちゃんの大きさは、それまでの頭殿長(座高)ではなく、身長で測るようになります。

妊娠20週:赤ちゃんは睡眠リズムが安定、ママは楽しいマタニティライフを!

身長が21~23cm、体重は250~350gくらいに成長します。ここからは赤ちゃんの五感、つまり味覚・嗅覚・聴覚・視覚・触覚の発達がさらに進みます。すでに触覚(皮膚感覚)、聴覚、味覚は発達してきているので、手の温かみ、外の世界の音を赤ちゃんは十分に感じています。また、赤ちゃんの記憶と思考機能の発達に必要な、複雑な神経のネットワークがどんどんできてきます。この頃の赤ちゃんは睡眠のパターンが習慣化してきて、活発に動く時間と、うとうとしていたり眠っていたりする時間が交互にくるようになってきます。おなかの外の音で目を覚ますこともあります。



妊娠6ヶ月目に入ると、気分や体調が安定してきます。この時期に妊娠を楽しみ、幸せを感じることは、おなかの赤ちゃんやその後の育児にも好影響をもたらすでしょう。ただこの時期、羊水の量が増え、赤ちゃんがますます成長することで子宮が大きくなると、姿勢が悪くなってしまいがちです。それによって腰を痛める人も出てくるので、できるだけ正しい姿勢で生活するように心がけましょう。

妊娠21週:赤ちゃんは性別が分かり、ママは折り返し地点に

身長が25cmほど、体重は300~450gくらいに。脳が再び急成長を始めます。脳神経細胞は増え続けて大きくなっていき、赤ちゃんができることはどんどん増えていきます。また、赤ちゃんの生殖器も本来の形に整ってくるため、性別が分かるでしょう。この時期の皮膚はまだ暗い赤色をしていて、体脂肪も3.5%くらいしかありません。脂肪や筋肉が徐々について骨も発達すると、より赤ちゃんらしい体になっていきます。羊水の量も増えてくるので、子宮内での赤ちゃんの動きはより活発になります。



妊娠21週0日は、受精した日から133日、予定日まで133日と折り返し地点になります。これからお母さんの体は出産に向けて準備が進んでいきます。お腹やおっぱいが大きくなり、一気に妊婦さんらしい体つきになってきますが、身体感覚がそれについていかず、ちょっとした段差で転んだりする恐れも。危険な場所は早めに確認しておきましょう。また子宮が大きくなることで、胃が圧迫されて食欲がなくなったり、膀胱が圧迫されてトイレが近くなったりすることがあります。食事は何回かに分けて少しずつ取るようにしてみましょう。

妊娠22週:赤ちゃんはお顔がはっきり、ママはたんぱく質摂取を!

身長が25~28cmほど、体重は400~500gくらいです。顔にはまゆ毛やまつげが生え、上下のまぶたも整って、ようやく顔立ちがはっきりとしてきます。医学的に、妊娠22週未満は流産、22週以降を早産とされており、まだ生まれてくるには早すぎますが、新生児治療の対象となる週数に入ってきました。呼吸器の発達が進んでいきますが、息を吸ったときに酸素をたくわえて血液中に送れるのは、もう少し先になります。生まれたときにきちんと呼吸ができるように、肺の発達はじっくりと進んでゆきます。



だんだんと日常の動きが制限されてくると思いますが、ママにとって一番大切なのは「健康に過ごす」ことです。できるだけ規則正しい生活を心がけ、無理をせず、体に負担がかからないように妊娠生活を楽しむことが基本です。そしてママの体は今までのどの時期よりもたんぱく質が必要になります。ただし、肉類に含まれるリンを過剰摂取すると、足の甲や足首のむくみなどの原因にもなります。肉類ばかりではなく、魚や大豆などの植物性たんぱく質も利用しましょう。

妊娠23週:赤ちゃんはたくさん聞いています、ママは楽な姿勢で過ごそう

身長が30cmほど、体重は450~650gくらいに成長します。赤ちゃんは安定したぺースで成長を続けていて、筋肉や骨、内臓組織の発達によって体重が著しく増加します。この頃は聴覚が発達中で、赤ちゃんはお腹の中で、本当にいろいろな音を聞いています。一番聞いている音はお母さんの心音、肺を空気が満たす音、息を吐く音、お腹や腸がなる音、そしてお母さんの声です。完成するのは妊娠26週くらい。この時期から聞いているので、生まれて間もない赤ちゃんもすでにお母さんの声を聞き分けられるといいます。



大きくなった子宮が横隔膜を押し上げるために心臓が圧迫されることと、血液量が増えるために通常時より心臓に負担がかかることで、ママは動悸や息切れが起きるでしょう。そのような時は楽な姿勢で休むようにしてください。そして、そろそろ入院時に使う物や赤ちゃんのためのお買い物を始めるといいかもしれませんね。お腹が大きくなると出産準備は大変です。赤ちゃんのことを想って楽しくお出かけしてみましょう!

当社は、この記事の情報、及びこの情報を用いて行う利用者の行動や判断につきまして、正確性、完全性、有益性、適合性、その他一切について責任を負うものではありません。この記事の情報を用いて行うすべての行動やその他に関する判断・決定は、利用者ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。また、表示価格は、時期やサイトによって異なる場合があります。商品詳細は必ずリンク先のサイトにてご確認ください。

関連する記事

この記事を読んだ人にオススメの記事

この記事に関するキーワード

妊娠 妊娠の基本情報 妊娠中期(5〜7ヵ月)

この記事を書いた人

まなみん

妊娠に関する記事を書いています。よろしくお願いします♪...

もっと見る

  1. >
  2. >
  3. >
  4. 妊娠6ヶ月